ちょこっとチョコとの生活日記

ひょんなことからミニチュアダックスを飼うことになりました。
今ではすっかり家族の一員です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
ECナビ
プレゼント♪

おめめパッチリチョコ

 
COCちゃんより*ありがとう!


cocoちゃんから頂きました♪ありがとう!!
プレゼント

毛短会の会員証
PROFILE
SEARCH
紀元杉とヤクスギランド


ジグザグ気温に 少々お疲れ気味の私・・・。

そういえば,屋久島の旅行中も 気温差がとてもあり 戸惑いましたよ。

3日目の朝,ホテル出発時は曇り,

でも寒くはなかったので,何も羽織っていませんでした・・・。

目的地の 「紀元杉」 のある所は 標高1230m,寒いのでジャンバーを持参しました。

車で近くまで行ける 「紀元杉」  バスを降りたらまあ寒い事。。

レギンスだけではスースーしてとにかく寒かった。。





  紀元杉,推定樹齢3000年 樹高19.5m・胸高周囲8.1m


到着したら,晴れてきました。



そして,約5分で行ける 「ヤクスギランド」 へ行きました。 

1時間半かけて散策するので,ジャンバーの上に レインコートの上下を着ました。



入り口が標高1000mの所にあって,多くのヤクスギを鑑賞できる森です。





屋久島の杉は,神木とあがめられ伐採されることはありませんでしたが,

1635年頃から 献上するため人が入り 伐採されることになりました。

何日もかけて木を倒し,板にして 背負って里まで人力で下したそうです・・・。

(なので 上部が枯れている古い紀元杉などは 伐採されずに今に残っています・・・。)





今では,その伐採後に生えた2代目・3代目の姿も見られます。









屋久島観光では,縄文杉や白谷雲水峡が有名ですが,

ここは推定樹齢1800年の仏陀杉や三根杉、母子杉、天柱杉などの巨木が見られます。

穴場的な所で 十分に屋久島の情緒も感じられますので 私はオススメします。








| maunncyo | 屋久島の旅 | comments(6) | - |
大川の滝と千尋の滝


白谷雲水峡を出発して 西部林道を通って,大川の滝と千尋の滝を見学しました。



西部林道は,屋久島で唯一、海岸線から世界自然遺産に指定されている地域です。

 の中から,鹿やサルも見ることができました。





大型観光バスが通れるように林道を拡張する工事が計画されましたが、

反対運動が高まり 話はなくなりました。

なので,この日の観光バスは 小型になっています・・・。 






 大川の滝です,バスを降りて 滝のすぐ近くまで行くことが出来ます。

屋久島でも最大級の滝で,落差88m 日本の滝百選にも選ばれています。





 勢いよく流れている 男滝   岩がだに沿って流れる 女滝。








マイナスイオンたっぷりの清々しさを間近に感じることができます。 








 千尋の滝,

 400×200mほどもある花崗岩の巨大な1枚岩 

流れ落ちる滝の組み合わせは 素晴らしい景色でした。







ここは,近くまでは行くことはできませんが この景色をバックに記念写真も撮りました。

雨が沢山降った後は, の岩肌にも滝が現れます。


このように,屋久島のほとんどが この花崗岩からできています。

| maunncyo | 屋久島の旅 | comments(8) | - |
白谷雲水峡


1日目の夜は寝苦しかった・・・。

ホテルに着いた時は まだ暑くてエアコンが必要で,(その日の気温26度) 

寝る時は さすがにエアコンは切ったけど寝苦しくて,,

朝方は 一気に寒くなっていて まあ温度差が半端ないです。。



2日目は 今回の観光の一番の目的地 「白谷雲水峡」 を2時間かけてゆっくり巡りました。




この日は小型のバスに乗り換えて,2班に分かれて行動しました。

私たちは 現地専用ガイドの寺田さんの案内で出発!!

( このカイドさん BSプレミアムの世界遺産屋久島の放送でもおなじみのベテランさんです!)





朝は晴れていましたがみるみるお天気は変わり,着いた時は結構な雨でした・・・。

でも屋久島は降水量が多い所,全然想定内です。

白水川の清流の音を聞きながら,重なり合った巨岩を登って行きます。





弥生杉を目標にどんどん登って行きますが,ヤクスギと照葉樹との混生した眺めは

珍しい地床植物(シダ・コケ類)の緑に覆われていて

「もののけ姫」 の舞台そのものでした。 





推定樹齢3000年の弥生杉。

樹 高 26.1m 胸高周囲 8.1m で上部は枯れていますが,

標高710mの所にあるため見学しやすく もっとも代表的な屋久杉の1つです。


まずは遠目から見た後,近くまで向かいました・・・。




比較的日照にも恵まれているため、多くの着生植物も見ることが出来ます。

ここまで来たときには 雨も上がって 日が差してきました。









この白谷雲水峡は,九州最高峰宮之浦岳の登山道が横断していて

辻峠・ウィルソン株・大王杉・縄文杉を経由して頂上へと至ります。

( 登山道入り口の駐車場を車窓から見ましたが,いっぱいでした。 )



  続く・・・。 

| maunncyo | 屋久島の旅 | comments(8) | - |
志戸子ガジュマル公園


銀婚式を迎えるのを記念して 旅行へ行ったのは・・・,



 世界遺産の島 「屋久島」 です。

広島駅がツアーの集合場所で 九州新幹線と高速船トッピーで 到着しました。

最初に観光したのは,志戸子 (しとこ) ガジュマル公園。





ジャングルのようなガジュマルの密林公園です。

幹から無数に垂れ下がる 「気根」 が伸びて地に根を張る大樹。



屋久島は雨が多く 「気根」 は土中でなく空中から空気呼吸するそうです。






ダブ・アコウ・ガジュマルの木が合体していました。

本土では見られない風景に 感動しました。







宿入りの前に もう一か所,永田いなか浜へGO!! 

日本一のウミガメの産卵地です。


5月の下旬〜7月には 産卵をしに,ウミガメがやってきます。

海岸へ降りて,貝殻をひろいました。

花崗岩の砂浜は 砂の粒が荒く 普通の砂浜の砂とは大きく違いました。

(貝殻はひろってもいいですが,砂の持ち帰りは禁止です。)







この後は早めの宿入り,ゆっくりお風呂に入り休みました。





| maunncyo | 屋久島の旅 | comments(4) | - |
高速船 トッピー

 
お久しぶりです。

ブログ更新が出来ないでいましたが,ちょこっとお出かけをしていました。

3月で 私たちの結婚25周年・銀婚式を間もなく迎えます!! 

その記念に,9日土曜日から 旦那とお出かけしてきました・・・。





高速船・トッピーで到着したのは??



続きは,仕事がお休みになってから・・・・。。

| maunncyo | 屋久島の旅 | comments(8) | - |